富山市医師会看護学校専門学校

看護学科

目標

  1. 看護の対象である人間を総合的に理解する能力を育てる。
  2. 対象の健康状態に応じて、科学的思考に基づいた看護が実践できる基礎的能力を育てる。
  3. 保健・医療・福祉チームの連携を理解し協働できる能力を育てる。
  4. 自己の看護観を高め、豊かな人間性を育てる。
  5. 看護の向上をめざして常に探求する姿勢を育てる。
  6. 専門職業人として自覚し、倫理観を育てる。

教育課程

教育内容科目
基礎分野 科学的思考の基礎教育学
調査論
人間工学
英語
人間と生活・社会の理解心理学
家族論
健康運動論
専門基礎分野 人体の構造と機能
疾病の成り立ちと回復の促進
解剖生理学Ⅰ・Ⅱ
栄養学
薬理学
病理学Ⅰ~Ⅶ
健康支援と社会保障制度地域保健学
社会福祉
リハビリテーション
専門分野Ⅰ 基礎看護学基礎看護学概論
基礎看護学方法論Ⅰ~Ⅴ
臨地実習基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ
専門分野Ⅱ 成人看護学成人看護学概論
成人看護学方法論Ⅰ・Ⅱ
老年看護学老年看護学概論
老年看護学方法論Ⅰ・Ⅱ
小児看護学小児看護学概論
小児看護学方法論Ⅰ・Ⅱ
母性看護学母性看護学概論
母性看護学方法論Ⅰ・Ⅱ
精神看護学精神看護学概論
精神看護学方法論Ⅰ・Ⅱ
臨地実習成年看護学実習Ⅰ・Ⅱ
老年看護学実習
小児看護学実習Ⅰ・Ⅱ
母性看護学実習
精神看護学実習
統合分野 在宅看護論在宅看護概論
在宅看護方法論Ⅰ・Ⅱ
看護の統合と実践看護の統合と実践Ⅰ~Ⅳ
臨地実習在宅看護論実習Ⅰ・Ⅱ
統合実習

ページの先頭へ