富山市医師会看護学校専門学校

キャンパスライフ

学園だより(2020年4月)

 3月5日(木)に、准看護学科第59回生、看護学科第43回生の卒業証書授与式を、富山国際会議場で挙行しました。今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じ実施しました。本校の卒業生として胸を張り、准看護師・看護師として活躍されることを願っています。そして、さらに研鑽を積み、ステップアップしていくことを期待しています。
 卒業記念講演では、影絵師のジャック・リー・ランダル氏をお迎えし、様々な影絵を見せて頂きました。ピアノの演奏に合わせてストーリーが展開し、モノクロの幻想的な世界に引き込まれました。
 准看護学科2年生は、成人・老年看護実習Ⅴで富山健康パークに行きました。学生達からは「すっきりした」「楽しかった」などの声が多く、准看護師試験を終え、疲れた身体をリフレッシュ出来た様子です。また卒業制作として、富山ガラス工房で、吹きガラス体験を行いました。グラス、一輪挿し、小皿、小鉢の中から1つ選び、それぞれが考えたデザインで作成しました。学生生活最後の思い出づくりになったと思います。
 看護学科1年生は、2月13日(木)に国際看護を深める前段階として“外国の環境(生活)の違いを知る、外国からみる日本を知る”という目的で特別講義を受けました。マレーシア出身の留学生で、まちスポとやまに所属しているブスタマンさんを講師に迎え、マレーシアの食文化や宗教、日本文化で感じたことなどの話をうかがいました。家族の在り方の話では、結婚式は新郎新婦が各2,000人を別日で招待するとのことで、親族・地域全体で結婚を祝う文化が根付いているようです。
 学生からは「多くの人種と文化が混在していること、日本との食文化の違いや、特に挨拶の文化に戸惑うことが多いことを知りました。ずっと日本にいると、環境整備の良さや日本人が持つ風習の複雑さに慣れてしまい、その中で当たり前に過ごしているということに気付きました。国際的な視野を持つことがとても大切だと思いました」との感想がありました。

【学校行事】

04/02 (木): [准看護学科][看護学科]始業式
04/06 (月): [看護学科]3年生臨地実習開始
04/09 (木): 入学式(富山市民プラザ)
04/27 (月): 前期分授業料締め切り
05/12 (火): [准看護学科]2年生臨地実習開始
05/28 (木): EPTA総会

学園だよりのバックナンバー

pdf2020年3月



ページの先頭へ